甲府の野菜畑

kofuyasai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:これからの日本( 84 )


2018年 10月 01日

無条件で与え受け取る経済

f0189218_10365990.jpg
キャベツとブロッコリーの苗。もうすぐ定植ですが、台風で相当ダメージを受けました。



自給自足の畑をするようになると、今までと全く違った感覚になります。

いちじくや甘夏の果実、野鳥、ミミズの姿で気付かされます。
ただひたすら無条件で与え受け取る自然界の動植物の生き様は注目に値します。

人間だけがお金を作ってしまい、この「お金第一」という意識から解放されることは、今日では相当困難になってしまいました。しかもそのお金が原因で命を絶ってしまうことさえあります。

畑を初めて常々考えるのは、果樹や小動物たちのように、その地域で手に入る素材のみを利用して、コミュニティ内部の相互依存によって、暮らしの全ての需要を満たしていくことが出来るのではないかということです。

欲しいものをできるだけ自分で作れば、苦労はありますが、何物にも代えがたい発見と喜びが得られ、安心さえ後から付いてきます。  


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

[PR]

by kofu-yasaibatake | 2018-10-01 10:43 | これからの日本 | Comments(0)
2018年 01月 17日

経済衰退期に直面する日本と野菜畑 その1

f0189218_12145384.jpg
いよいよ食べるものがなくなった鳩は、畑にやってきて一日中何かをつついて食べています。全部で20羽も来る日があります。



日本の人口は減少に転じて久しい。
人口が減少しても経済成長する国は、あり得ません。今になって振り返れば、人口が減少に転ずる20年近く前から、経済衰退期に入っていたことになります。

もうこの国には成長分野はそれほど残されていません。
加えて、AIが普及するのは必然のようです。事務的な職業をはじめ、かなりの仕事がこの世からなくなってしまいます。
教育さえ受ければ何とかなるという考えは過去のものです。今の教育の最大の欠陥が、個性を育てられない点にあるからです。

都会で生き延びるのは厳しい時代になります。都会では個性が発揮できないからです。
都会にしがみつくのを辞めて、地方に住めば、ほぼすべての問題が解決できます。

地方の良いところは、まず、都会の人には想像できないでしょうが、そこに住めば健康になります。因果関係をはっきり指摘することは難しいですが、風邪をひくことは極めて少なくなります。仮にそうなっても、1週間も10日もグズグズして回復しないということはありません。昔のように2,3日休めば回復します。
花粉症の人は地方には少ないと思います。私の周りには一人もいませんが、よく聞いているNHKラジオのアナウンサーはたいてい花粉症です。

他にも地方の良いところはたくさんありますが、地方の一番の魅力は、畑でしょう。
畑さえあれば、かなりの問題が解決できます。
畑があれば、自給自足に近い生活ができ、収入を得るための仕事に費やす時間が、都会に暮らすことに比べれば、数分の一で足ります。(私は1/10)
だから、やりたいことがいくらでもできます。

どうかな?

回を改めて、続きをUPします。待っていてくださいね。


今日の収穫:白菜、大根、キャベツ、卵4個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2018-01-17 13:16 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 09月 14日

金融資産ゼロ世帯と野菜畑

f0189218_20375511.jpg
大根は2日で発芽しました。気温が高いから簡単。



金融資産ゼロ世帯が急激に増えているそうです。
単身者世帯で50%、二人以上世帯で30%が金融資産ゼロ世帯だそうです。

この比率が高くなった主な要因は、所得の減少が挙げられます。
もう一つの要因として、クレジットカードの普及があるでしょう。持ち合わせがなくても買い物がしやすくなっています。
クレジットカードは、良くも悪しくも「消費」が増大することを助長しています。

野菜畑があれば、老後の心配は薄れますが、さもなければ、過小貯蓄は克服しなければ、いずれ、老後破綻が待ち受けています。

所得の減少はさておいて、過小貯蓄の克服方法で最も有効なのは、私は野菜畑を始めることだと思います。(ここがほかの人と一味違うところですが。)
畑を始めると、当然ですが食料を買うということは少なくなります。できるだけ自給しようと考えるようになります。
また、畑を始めると、たいてい、心が満たされて、買い物に行きたくなくなります。畑を始めるとつまらない虚栄心が薄らぎ、着飾ることもしなくなり、お金は貯まる一方です。健康にもなり医療費がかからなくもなります。

どう?
始めて見ますか。私の言っていることが本当だとすぐにわかります。



アメリカの傘の下にいたことがどれほど危険なことか、日本人は今回の北朝鮮の声明で思い知ったと思う。列島が沈没されてから気が付いたのでは遅すぎる。早く目を覚ませ。
今の北朝鮮は戦前の日本とそっくり。かなり危険なところまできました。そして、戦争になり、それが終わらないと平和は来ない



今日の収穫:きゅうり、スイカ、ゴーヤ、卵12個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。



[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-09-14 20:59 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 09月 05日

消費と野菜畑

f0189218_19591084.jpg
さつまいものところはものすごい草になってしまいました。道路際がこれではまずいので、来年はさつまいもの場所を変えたい。



マスコミは伝えませんが、もう経済成長自体が困難であることは誰しも想像できる時代になってしまいました。ましてや「分配」などとても考えられないと言わざるを得ません。
とくに若い人たちは一度も景気が拡大する瞬間を経験していません。
「モノを買わない」、「モノを持たない」という新しい世代の出現は、必然で、正しい選択だと思います。

それこそ人間本来の姿に立ち戻れた気がします。

これからは、お金を遣わないと暮らせない、楽しめないという人は、空虚でつまらない人生を送ることになります。「消費者」として搾取され続ける生き方はやめたほうがいい。

次の社会は「自給する」社会です。モノを買うのではなく、工夫し、自分あるいは自分たちで楽しく自給する社会です。


今日の収穫:きゅうり、なす、卵22個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-09-05 20:14 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 08月 30日

老後破綻と野菜畑 その3

f0189218_22203925.jpg
白菜苗の育苗は、有機だとかなり難しい。すでに葉をかなり食べられている。虫がいたら、すぐに捕獲後つぶす。



野菜畑さえあれば老後破綻が起きないとは言い切れません。年金は遅かれ早かれ破綻する(完全に0になるのではないかもしれませんが、年金だけでは到底暮らせない)ので、対策はしっかりとりましょう。
では、どのような人が老後破綻に陥いるのか、私なりに考えてみました。

1. 畑のない人
2. 貯蓄のない人、貯蓄が苦手な人
3. 国民年金の人
4. 定年時に住宅ローンが残っている人、または、定年時に賃貸住宅に住んでいる人
5. 教育に大金をかけている人
6. 健康でない人
7. 助け合う仲間が近くにいない人
8. 長く親の介護をしなければならない人
9. 子供がニートの人
10. 単身女性で子供のいない人

真っ当に暮らしていると思っても、夫婦で90歳ぐらいまで長生きしてしまうと考えれば、大抵は老後破綻してしまいます。

そうならない方法をできるだけ早いうちに見つけ、実行しなければなりません。

それは、たいへん「狭い道」を通らなければならないと言えます。上記の1項目でも該当する人たちは、ほとんど全滅でしょう。


今日の収穫:きゅうり、なす、スイカ、卵16個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-08-30 23:04 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 08月 19日

老後破綻と野菜畑 その2

20代で起業した私は、年金は、ほぼ国民年金ですから、お金に頼っていたら、どう逆立ちしても、これだけでは生きていかれません。

年金の崩壊がささやかれだした20年ほど前、全く年金に頼らない生活をするにはどうしたらよいか、私が考えた結論が、今の野菜畑の暮らしです。

食べるものは可能な限り自給して、質素に暮らすことです。

そんな暮らしはつまらないと思われるかのしれませんが、そうでもないんですよ。

季節の変化に身を任せ、緑豊かな畑を眺めながらの暮らしは、ストレスをためないし、退屈しません。

ぜひ、お勧めします。
f0189218_14043001.jpg
ゴーヤはいまごろ2階まで伸びてゆきました。東側は全滅。


今日の収穫:きゅうり、ゴーヤ、人参、卵11個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-08-19 14:05 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 08月 14日

老後破綻と野菜畑

年金の崩壊が現実味を帯びてきて、老後破綻が叫ばれている昨今ですが、野菜畑が試みている自給農は、この老後破綻とは全く無縁だと思っています。

年金の支給開始年齢は67~68、あるいは70歳にならなければ、制度として持続可能ではないと言われています。
しかし、収入がなくなってから年金の支給開始までの間に貯蓄が底をついてしまうケース、年金が支給されてから支出が上回り、短い間にやはり貯蓄が底をついてしまうケースが続出してしまうのは、ちょっと計算してみればわかる話で、一度、ご自分で計算してみてはいかがかと思います。

少子高齢化が進めば、年金の支給額が切り下げられ、医療費、介護保険などの負担割合がいまのままでは、到底持続不可能となり、老後破綻に陥る人たちがますます増えることは、高い割合で起きるはずです。

自給農の暮らしは、たいへん質素です。
ゴルフへ行ったり、旅行に行ったりしません。
外食は気持ちが悪いからしません。健康に暮らしたいからです。

質素で、農作業で適度な肉体労働をし、ストレスをためない暮らしは、いつ何が起きても大丈夫で、老後破綻には陥りません、たぶん。(何しろ生身の人間なので、たぶん、としか言えませんが)



f0189218_22345942.jpg
冬を越し、夏も越えたさつまいも。もったいないから食べてみようと思います。
例年だと8月下旬となれば、さつまいもは試し掘りが始まります。


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-08-14 23:09 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 03月 22日

野菜畑と教育勅語

f0189218_13295701.jpg
以前は技術が足りなくて玉ねぎがうまくできなかったけれど、この光景を見ると、その頃がうそのよう。今年も玉ねぎはよくできています。



このところ「教育勅語」のことを聞かない日はありません。

私の誕生日が10/30なので、子供のころ、教師だった父からその日は御名御璽だと言われていました。教育勅語の発布された日でした。
内容も聞かされていました。私が倫理感、正義感が強いのはそのためかも。

教育勅語の正確な内容が知りたくても、原文では理解が困難になってしまいました。理解できてない文科大臣さえいます。
原文は以下の通り。

朕惟(おも)フニ、我ガ皇祖皇宗、國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠ニ、徳ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。

我ガ臣民、克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆心ヲ一ニシテ世世厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此レ我ガ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦(また)實ニ此ニ存ス。

爾(なんじ)臣民、父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ、朋友相信ジ、恭儉(きょうけん)己(こ)レヲ持シ、博愛衆ニ及ボシ、學ヲ修メ業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ、進デ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ、常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵(したが)ヒ、一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ。

是ノ如キハ獨リ朕ガ忠良ノ臣民タルノミナラズ、又以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン。

斯ノ道ハ實ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守スベキ所、之ヲ古今ニ通ジテ謬(あやま)ラズ、之ヲ中外ニ施シテ悖(もと)ラズ。朕爾(なんじ)臣民ト倶(とも)ニ拳々服膺シテ、咸(みな)其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。


明治二十三年十月三十日

御名御璽

ただこれだけ。

冒頭部はインチキです。天皇家によってずっと治められてきたわけではありません。一般庶民にとっては、幕末期に急に現れてきたようなものです。

(1)親孝行しなさい、(2)兄弟仲良く、(3)夫婦も仲良く、(4)友達は信じ合え、(5)他人に博愛の手を差し伸べ、(6)学問を修め、(7)仕事を習い、(8)それによって知能をさらに開き起し、(9)徳と才能を磨き上げ、(10)公共の利益や世間の務めに尽力し、(11)憲法を重んじ、(12)有事の時は勇気をもって公のために奉仕し、それによって永遠に続く皇室の運命を助けるようにしなさい。

12項目にわたって「徳目」を説教する。これらの徳目は、時代背景を考えればまあ常識的な内容ではありますが、(12)のために、(1)から(11)まで極めて常識的な「徳目」を並べていると私には思えます。この(12)は飛躍しすぎて、やや無理があります。

教育勅語を復活させようと考えている自民党の議員たちは、この(12)があるからです。

また、教育は自由でなければならないはずですが、そのことを天皇が口を出すべきではないと考えるのが、いまでは普通でしょう。

ただ、私が言いたいのは、(5)他人に博愛の手を差し伸べる、ということです。今の教育にも社会にも完全に欠落していると言わざるを得ません。

どう? 勉強になった?

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-03-22 14:31 | これからの日本 | Comments(0)
2017年 01月 18日

トランプ大統領就任と野菜畑


週末にはトランプさんが大統領になります。
トランプさんは、これまでずーっと続いていた自由貿易はやめて、保護貿易政策へ舵を切ることを公にしています。

戦後の日本の発展は、アメリカの能天気なほどの自由貿易によって成り立っていました。
今、アジアの発展途上の国々も同じです。

アメリカが保護貿易に転換すれば、日本をはじめアジアの国々、それからメキシコは立ち行きません。

日本は、いつまでも工業国ではいられません。一番の顧客を失うからです。

野菜畑では、アメリカなしでもやって行かれる国を目指すべきだと考えてきました。中国や韓国はとっくに要らない。

今こそ農業のことを真剣に考えるときです。最低でも自国の食料は自国で賄う国になって次世代にバトンタッチしたい。

f0189218_16272409.jpg
小麦の緑が冴えなくなっています。
よく見ると葉先を紫に変えて、寒さをこらえています。

寒波はもうたくさん。


今日の収穫:卵0個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-01-18 17:50 | これからの日本 | Comments(0)
2015年 03月 22日

おいしい野菜が作れることが、最も大事なスキル

いよいよ日本経済は窮地に追いやられてきました。日銀黒田総裁も打つ手がなくなってきた感じです。
この難局を何とか潜り抜けようと、様々な方法が言われています。

日本にいながら危機を回避するのはどれほど難しいか、これ を聞いてみればわかります。(5分で聞けます)とても出来そうもないことばかりです。

学者は誰も言いませんが、生きていくのに、一番大事なことは、おいしい野菜が作れることです。

資産をすべて没収されても、これさえあれば大丈夫。

すべての資産を没収されて、もうないかと詰問されても、にっこりしていられます。私には野菜を上手に作れるスキルがあります、と心に思って、冷静でいられます。

日々自給自足に頑張っている人は、もともと資産はさほどないから、気にすることはない。

うーん、きょうも勉強になるなあ。さーて、葱を播いとこーっと。

f0189218_10145106.jpg
トマトの苗も大きくなってきました。一昨年は こんな に大きくなっていましたが。桜はもうすぐ。



今日の収穫: 卵8個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。



[PR]

by kofu-yasaibatake | 2015-03-22 09:55 | これからの日本 | Comments(0)