甲府の野菜畑

kofuyasai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お金のこと( 12 )


2017年 02月 17日

起業と野菜畑 その3

f0189218_14490186.jpg
暖かかったので、いよいよ出てきました。今のところ、かぼちゃとスイカだけ。
低温なのに、水ばかりかけていると、種がダメになってしまうような気がしていましたが、大丈夫です。毎年こんなものでしょう。


「起業と野菜畑」の3回目。
その2の内容を引き続きもっと書きたかったけれど、最後にまとめておかなければならないことがあるので、今回はそのことを。

それは、起業した後のことです。

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という歌がだいぶ前に流行っていましたが、かなり当たっています。
起業するとそうはいきません。
周囲に信頼される人でないと、受注機会を失いかねません。異性関係は特にね。

散財も慎まなければなりません。きちんと貯蓄して、決してローンは組むようなことをしてはいけません。もともと起業してよほどうまくいかないかぎり、銀行はサラリーマンのようには多額のローンを組ませてくれません。

従業員を雇用するときも、経営者がきちんとした人格でないとまともな人材は集まりません。

経営するということは、いろいろ大変な事がありますね。それは、タバコ屋を始めるようなわけにはいきませんよ。
でも、起業すれば良いことはたくさんあります。私もたくさんありました。楽しいことばかりだったと言ってもいいくらいです。
そして毎年新しいことにチャレンジを繰り返してきました。

1度しかない人生です。ぜひ、起業してみて。


今日の収穫:卵18個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。



[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-02-17 15:18 | お金のこと | Comments(0)
2017年 02月 11日

起業と野菜畑 その2

f0189218_07505229.jpg
室内で育苗する人はそうはいないでしょう。
育苗を始めてから寒波が来ると窓ガラスは途端に結露します。朝、カーテンを開けるとこうなります。ガラス面の結露はいずれ乾くのでいいとしても、北側の壁面の結露は注意しなければなりません。



「起業と野菜畑」の続きです。

もう一点気になるポイントがあります。

4、社会の変化に敏感に

いま起業すれば、このところの急激な社会の変化に身をさらすことになります。絶えず状況に合わせた経営をしなければ生き残れません。
ここで私が言いたいのは、状況に合わせた経営というのは、いま何が売れるのかマーケティングして需要を掘り起こすような仕事のことではありません。もともと、商品を仕入れてきて欲しい人に売るような物販は念頭に置いていません。
注視しなければならないのは、もっと大きな社会の変化です。


少し具体的なことを述べていきます。

困っている人のところへ直接出かけていって助けてあげて喜んでもらう、あるいは力を合わせて問題を解決していく
、ってことが私の目の付けどころ。

困っている人はたくさんいます。

困っているお年寄りは膨大な数です。(でも、介護保険でカバーできるサービスはしない)
困っているニートもいます。ニートを家族に持つ親もいます。
困っている子育てママもいます。
困っている共働き世帯もいます。
困っている受験生は次から次へと出てきます。
困っている未婚の男女もたくさんいます。困惑している親もたくさんいます。
困っている社長もいるかもしれません。

起業の第一歩は、そういう人たちのために自分にできる何かを見つけることです。

では、さらに具体的に。

天然酵母のパンを作るのが得意の女性がいるとしましょう。
パン屋になるには初期投資が大変です。回収するにはパンをリーゾナブルな価格で売っていては無理です。単価を高くすれば数がさばけません。
このケース、私だったら、パンの宅配を勧めます。顧客は、サッと買いに行けないお年寄りに限定します。焼きたての天然酵母のパンを宅配するサービスです。

問題が出てきたときスムーズな解決ができないで困っている社長、あるいは管理職はおおぜいいます。
あなたは、起業して経営のことがわかりかけてきたとします。経営のことを日々考えたり悩んだりしていたとしたら、ここで一念発起して中小企業診断士の資格にチャレンジします。
行き詰まっている経営者やその予備軍の経営者と、とことん議論をして、地方都市には少ないスマートな経営ができる社長になってもらいます。

こんなんでヒントはつかめましたかね。

次回は最終回になりますが、もう少し考えてみることにします。
あー、急に中小企業診断士になりたくなった。一念発起するかな。


今日の収穫:白菜、長ネギ、大根、人参、卵12個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-02-11 14:54 | お金のこと | Comments(0)
2017年 02月 08日

起業と野菜畑 その1

f0189218_23311573.jpg
今日焼いた焼き芋。
この時期の焼き芋は、焼くと蜜が出たような感じになります。こうなるととても甘い焼き芋になります。



20代で起業した私は、若い人には一貫して起業することを勧めてきました。
一般的ではありませんが、私が起業して得られた最大のメリットは、起業そのものではなくて、30代の終わりから畑を始めることができたことです。サラリーマンをしていてはこうはいかなかったと思います。

起業そのものが私の人生を豊かにしてくれたということはたくさんありますが、そのことには今回は触れません。

いま、起業をためらう人がとても多いのは残念です。一人でも多くの人に起業して納得のいく人生を送ってもらいたいと思い、3回ほどに分けて、私の「失敗しない起業の仕方」をまとめていきたいと思います。



1、タダかそれに近い初期投資で始めること

企業生存率(起業生存率と言ってもいい)、つまり起業の成功率のデータがあります。かなり怖い数字が並びます。
1年  40%
5年  15%
10年  6%
20年 0.3%
30年 0.02%

1年で60%が廃業するということです。ほとんどが倒産でしょう。10年後には94%は無くなるようです。
長く続けることは、そう簡単ではないことがおわかりですね。

倒産しないでやっていくには、初期投資をできるだけ少なくすることです。返済に充てる金額をできるだけ少なくすること、できればタダに。

初期投資が多額になる業種は最初から諦めることです。
「失敗しない起業の仕方」は、物販、飲食関係の起業は念頭に置いていません。たいていこの点で失敗するからです。


2、どういう仕事で起業するか

自分の得意とすること、ほかの人にはまねできないことで起業することが重要なことは言うまでもありません。自分にしかできないスキルがなければ経営は成り立ちません。それがなければ起業はできないし、起業して運よくブレイクしても長続きすることはありません。

自分が得意とすること、ほかの人にはまねできないことは自分が一番よく分かっているはずです。
そんなもの何にもないという人は、案外気が付いていないだけかもしれません。身近な人に尋ねてみて。


3、経営を甘く見てはいけない

細かい事業計画を立てることは重要です。事業計画さえあれば、どんぶり勘定では気が付かない問題点も浮かび上がってきます。
起業して経験を積んで自信がついてくれば、良い仕事さえすれば、お客はついてくると思いがちですが油断は禁物です。いつも事業計画に沿って経営することです。



今回は、ちょっとネガティブな内容になってしまいました。起業する人を応援する内容にはなっていませんね。次回は大丈夫、お楽しみに。


今日の収穫:卵10個(いよいよ2桁)
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-02-08 21:48 | お金のこと | Comments(0)
2017年 01月 03日

本当に豊かな人は。


本当に豊かな人は、派手な生活には興味がありません。


ピカピカの高級車に乗ったり、高価な腕時計をしている人は、「にわか成金」という部類に属する人たちです。

お金や心にゆとりができれば、無駄なお金は使わなくなります。普段の生活はとても質素でいられます。


お金がなくても収入が少なくても、無駄に派手な生活を求めたり物質主義に走らなければ、自然にお金は貯まります。

豪華なレストランに行かなくても、自分で育てた野菜などを使って、家族のためにおいしい食事を作る、そういうことに豊かさを感じるようになります。
そういうことを大切にしながら、自分なりの楽しい暮らしをデザインしていけば豊かな人生を送ることができます。

f0189218_18194272.jpg
カウンセラー信田さよ子著 「家族のゆくえは金しだい」

わざわざカウンセラーと肩書をつけた著者は、1946年生まれなので、70歳のはず。人生経験も長いのに豊かさのことは何もわかっていない。お金のことだと思っている。


今日の収穫:白菜、卵0個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2017-01-03 19:15 | お金のこと | Comments(0)
2016年 01月 29日

マイナス金利と野菜畑

雪は降りませんでしたが、一日中雨が降って寒い一日でした。農作業はなし。



ロイターによれば

日銀は、29日の金融政策決定会合で、従来の年間80兆円の国債など資産買い入れに加え、金融機関の手元資金である当座預金の一部金利をマイナスにする新手法を導入する形で追加緩和に踏み切った。予想を裏切る緩和手法に市場は混乱、株価は乱高下した。


ということです。

全く訳が分かりません。野菜畑の暮らしには全くかかわりのないことだけは確かなようです。
こんなことで混乱した市場関係者も、そろそろ気がついてはいかが。一度っきりの人生ですから、そんなものに振り回される生活から、一日でも早く抜け出したほうがいいと思います。

次に目指すのは、もちろん自給農でしょう。


今日の収穫:卵2個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。







[PR]

by kofu-yasaibatake | 2016-01-29 23:10 | お金のこと | Comments(0)
2015年 10月 05日

自分年金と野菜畑

母は、食欲がなくなって、また入院。母が入院していつも思うのは、財政に負担をかけてしまうということ。
何しろ、1割しか負担しなくていいことになっているんですから。
入院していないときは介護保険のお世話になっています。こちらも1割しか負担しなくていいことになっています。
おまけに年金ももらっています。

これでは日本の財政は到底やっていけません。



統計によるまでもなく、ほとんどの日本人が老後の生活に対して、不安を抱えています。
「貧困」、「病気」、「孤独」と不安はいろいろありますが、何といっても一番は「貧困」ってことのよう。
すでに膨大な国債を発行してしまった上にこれからも継続して国債を発行していかなければやっていけない借金漬けの日本財政問題、人口が急速に減少する超高齢化社会、長引く日本経済の低迷あるいは日本の経済的衰退。
「いつか破綻する」と考えるのがノーマル。

そのため政府はあらゆる策を打ち出し、財源確保をしなければなりません。
「財源確保のための大増税」、「年金給付額の減額」、「税収増のための物価を上げる政策」と矢継ぎ早。私たち世代(60歳以下)の資産は急速に枯渇し、長く生きれば生きるほど、老後生活が困窮します。
その老後転落の不安を解消する具体的な方法を考えないといけない時期に来ています。

自動的に銀行口座にお金が振り込まれるようなシステム(一般にはこれを自分年金といっているようです)を作れればいいのでしょうが、そんなことできるわけがありません。いったい誰が振り込むんですか?みんなが困窮するんですから。

過去に遡って、人々は、どうやって安心して暮らしてきたか考えてみる必要がありそうです。

全てを一気に解決するのが「畑をする」ってことです。
畑をすることで、健康で暮らせ、お金の不安もなくなります。
共同で作業ができれば孤独ってこともなくなります。
畑こそ最強の自分年金」と言えます。

秋のうちに畑を確保して、春に備えましょう。


f0189218_19485844.jpg
白菜がよくない。



夜、次女が野菜を取りに来ることになっている。いま野菜の種類が少ない。



夜になって大きなニュースが入ってきました。
報道によれば

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉は5日午前(日本時間5日夜)、全閣僚が出席した全体会合を開き、大筋合意に達した。

ということです。
もう、農業はおしまい。
安いお米や酪農関連の食品が入ってくるので、政府の計算では食料自給率は12%まで落ちるそう。
北海道、東北は切り捨てられたも同じ。

大変な国になってしまいました。


今日の収穫: 卵6個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


[PR]

by kofu-yasaibatake | 2015-10-05 09:24 | お金のこと | Comments(0)
2015年 09月 18日

お金を使わされる生活はやめよう。その6


お金で買えるものにいいものはない。

畑を始めると気が付くことがたくさんあります。

最初に気が付くのは、お金で買える野菜はレベルがとても低い、ということです。
市販の慣行栽培の野菜は栄養価は低く、味は薄く、日持ちはしない。ただ安いだけが取り柄。
そして、呆れるほどの消毒の量。収穫しているときでも毎日消毒します。近所の畑を見ればゾッとします。

市販の肥料はこれまたひどい。私のところは有機なので化学肥料は使いませんが、有機肥料と言われているもののレベルはかなり低い。
抗生物質にまみれた家畜の糞。99%以上の市販の有機野菜はこの抗生物質入りの家畜の糞を肥料としています。
これは大変危険です。すでにEUでは抗生物質を家畜に投与すること自体禁止されています。

加工品もそうです。
私が作るカステラは、常温では数日すればかびてきますが、市販のカステラはそうはなりません。試したわけではないから正確なところはわかりませんが、10日や20日はなんともないと思います。何か入ってますよ。
このことは、カステラに限りません。

畑を始めると、自分で作りたくなります。

外食はどうでしょう。
食材の出所をはっきりさせる必要はないので、危ない食材を使っているところは少なくないでしょう。最も安い食材を使っているところも少なくないでしょう。

畑を始めると、怖くて外食ができなくなります。

このように、お金があれば何でも買えると思うと、そうではないことに気が付きます。
本当にいいもの、欲しいものは、実はお金では買えないのです。
お金で買えるものはほとんどが粗悪品で、売ってしまっても惜しくもなんともないものです。だから売っているんです。稼ごうと思って売っているんです。

お金って、そんなに大事ですか。

f0189218_22042212.jpg
今年のらっきょう。おいしい、安心。ビンに4本漬けたけど、お金と交換できない、当然。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

[PR]

by kofu-yasaibatake | 2015-09-18 21:58 | お金のこと | Comments(0)
2015年 09月 15日

お金を使わされる生活はやめよう。その5


ここからが大事な話

私はこのブログで以前から指摘しているように、消費生活にどっぷりつかっていると、にっちもさっちもいかなくなる事態が迫っていると感じています。

先月からの株価暴落で年金はかなりのダメージを受けているはずです。既に年金だけでは生活していかれない人は、おおぜいいます。このまま行けば、ほぼ全員がそうなります。

若い人達は、ずるい大人が残したシステムのために、どんなに頑張ってもダメなんです。そのことを大人はみんな知っています。言わないだけなんです。あってはならないシステムだからです。

若い人たちは、少ない給料で、そのほとんどを消費に回し、ローンまで組んだら、いつまでたってもお金の不安を抱える人生です。

これからはお金を使わない生活です。

耳にタコが当たっているのは承知で言います。それは、畑を始める以外にないってことです。(ズーッと都会に住みたい人は、もうチャンスはないからこの先読んでもダメです。)

お金を使わない生活は1人ではできません。周りの人と力を合わせてやっていくしかありません。
そんなに難しいことではありません。今まで慣れてなかっただけです。
最初は助けてもらう事ばかりですが、5年も経てばもう大丈夫。今度は助けてあげることが多くなります。そうやって次の世代につなげていきます。

すごいでしょ。

ほんとは、すごくもなんともないんですよ。数10年前まではそういうのが当たり前の国だったんだから。

どうやったら畑が始められるか、まずはアンテナ張ってみてはいかが。

f0189218_12104077.jpg
秋になると柿がたくさんついているか気になってきます。今年も大丈夫。


今日の収穫: きゅうり、人参、ゴーヤ、卵5個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。



[PR]

by kofu-yasaibatake | 2015-09-15 12:11 | お金のこと | Comments(2)
2015年 09月 14日

お金を使わされる生活はやめよう。その4


貯蓄のこと

お金は使うためにあるものです。
貯め込んでもインフレや財政破綻でその価値が毀損されようとも、それでも貯蓄がなければ、心細いものです。
災害などなくても、不意の高額の出費はあるものです。家の修繕費、家電の購入、病気の時の費用など。どうしても会社に辞表をたたきつけたくなることもあるかもしれません。その時のためにも。それから、年金は当てにならないから老後のためにも備えなければなりません。

毎月40万円の収入で35万円使っていては、毎月5万円しか貯金できません。
毎月30万円の収入で20万円でやりくりできれば、毎月10万円貯金できます。

急に毎月20万円でやりくりするのは難しいことかもしれませんが、畑を始めるとこれができるんですよ。食費が激減しますから。外食は危険だとわかるからしなくなります。
そうなると、昨日も書いたけれど医者のお世話にもならなくなります。

(毎月40万円の収入の場合は夫婦共働きを想定しています。毎月30万円の収入のほうは男性だけが働いて、畑は主として女性がすることを想定しています。)

いい話を聞いたと思いませんか?

f0189218_18562771.jpg
草に埋もれていたごぼうを助け出しました。


今日の収穫: きゅうり、卵7個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。



[PR]

by kofu-yasaibatake | 2015-09-14 18:57 | お金のこと | Comments(0)
2015年 09月 13日

お金を使わされる生活はやめよう。その3



■ローンを組めば

いまどき、多額のローンを組んだら辛い日々が待っていることになります。
いまどきというのは、デフレの時ってことです。もう30年近くになります。50歳までの人なら、大人になってからズーッと。

当たり前のことですが、ローンには利息が付きます。多額のローンを組めば、この利息が心の歯車を狂わせます。自由だと思っていた自分の生き方にに何一つ自由がないことに気づき、会社に縛り付けられます。(自営業の人は、今では金融機関で多額のローンは組ませてもらえないので、もともとローンとは無縁と考えてください。)
失業することに対する恐怖心はたいへんなものになります。ローンを抱えての起業はよほどの自信がないとできません。転職さえままならなくなります。

定年まで、仕事がどんなに辛くても、会社にしがみついていかざるを得ません。会社が倒産しなければですがね。

楽しいはずの人生は、ローンを組めば一転します。だから、身の丈に合った暮らしをしないとね、デフレの時は特に。

食べる物を自給する生活は、収入は減りますが、それ以上に支出が激減します。やってみればわかります。魔法の暮らしです。私の場合、医療費もこの30数年かかりません。

どうかな、畑をしたくなったかな? もう一息ですか。

f0189218_16120658.jpg
甘夏。
今まで、多い年で20個ぐらいしかつかなかったけど、今年はすごい。100個近くありそう。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




[PR]

by kofu-yasaibatake | 2015-09-13 16:08 | お金のこと | Comments(0)