人気ブログランキング |

甲府の野菜畑

kofuyasai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:有機菜園のミニ知識( 80 )


2016年 05月 02日

さつまいもは準備OK

f0189218_21423984.jpg
さつまいもの準備はまず畝作り。
気温が上がってから畝つくりは大変なので、3月中に終えるようにします。
雨の後にマルチ掛け。通路もきっちり張り、草が生えないように。
マルチは穴あけや処分が大変なので、5,6回使いたいところ。破れたところは補修します。
結局、ボロボロ。
煽られないようにしばらく重しをしておきます。しばらくというのは、定植して蔓が伸び、マルチの上まで伸ばしてくる時まで。

f0189218_21425903.jpg
今日、苗を購入。すぐに仮伏せ。そして十分に散水。
根を出させ、定植のチャンスを待ちます。定植のチャンスというのは雨の直前のこと。一番いいのは、ひと雨降って止んでいるうちに植えて、また雨が降るような天気です。降り始めてしまって、カッパを着て植えたこともありますが、とてもうれしい雨です。

ここ数年、なかなかこの時期に雨が降りません。
さて、今年はどうでしょう。


今日の収穫:さやえんどう、キャベツ(初)、卵2個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


by kofu-yasaibatake | 2016-05-02 22:16 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2016年 04月 29日

日なたのトマトと日陰のトマト

f0189218_12292942.jpg
定植したのは、4/13。
南側に植えた日なたのトマト。だいぶ大きくなり、茎も太くなってきました。花もたくさん咲いています。早く収穫できるのは、日なたのトマトです。
f0189218_12291823.jpg
一方、こちらは、西側に植えた日陰のトマト。色はいいようですが、今のところ、南のトマトには太刀打ちできません。

日陰のトマトは、成長は鈍いですが、遅くまで収穫できます。
長く収穫するには、早く収穫できる日なたのトマトと、遅くまで収穫できる日陰のトマトが必要です。
遅くといっても、せいぜい8月いっぱいでしょう。

遅く(6月)播いて、秋のトマトも食べたいところですが、高温になると花も咲きにくくなり、受粉もうまくいきません。露地だと、9月以降にトマトが欲しい場合は、ミニトマトしかありません。これなら11月の降霜まで大丈夫。


今日の収穫:さやえんどう、レタス、疎抜き人参、卵3個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


by kofu-yasaibatake | 2016-04-29 12:47 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2016年 04月 21日

里芋の準備

f0189218_12591928.jpg
里芋の準備は、温床でする芽出しと、圃場の準備があります。
圃場では、畝を作り、必ずマルチ掛けをします。雑草除けの効果以上に期待するのは、保水性です。里芋は乾燥を嫌いますから。

野菜畑でマルチ掛けするのは、里芋以外には、さつまいも、玉ねぎ、らっきょう、ゴマです。
さつまいも、玉ねぎ、らっきょう、ゴマは主として雑草対策です。

今回はマルチを新しくしましたが、通常は5,6回使います。もったいないということもありますが、新品は穴あけが大変だからです。きれいに仕上げたいから、墨を打って正確な位置を出し、カッターで穴あけしました。

こんなに気を遣うのは、ここが道路際で、よく見えるからです。
マルチがきれいに張れても、里芋がうまくできなければ、元も子もありません。そこは、頑張るしかない。

f0189218_20260520.jpg
おいなりさんのお弁当をいただきました。食べてしまうのがもったいないほどでしたが、写真は一口食べてからになってしまいました。とてもじょうず。


今日の収穫:レタス、さやえんどう、卵2個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。





by kofu-yasaibatake | 2016-04-21 19:05 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2016年 04月 16日

里芋の芽出しを始める

f0189218_18455083.jpg
里芋に限らず、イモ類は重要な作物です。とくに、もしものときには。

わずかに芽が出た里芋を、芽を上にして160個並べて芽出しを開始。このあと、少し土をかけ、水を撒いて、上をガラスで覆いました。
定植できるようになるには、半月以上かかると思います。大きく芽出ししてから定植するのは、欠株をなくすためです。

種イモは小さくても大丈夫。去年実証済み。大きいのは全て食べてしまいました。
あと100個芽出しをして、1カ所に2つずつ定植すれば、2倍とまではいかなくても、1.7倍くらいになります。これも、去年実証済み。

里芋は梅雨明け以降の水遣りは欠かせません。葉が林立すれば株元に直射日光が当たらなくなり、乾かなくなるので、何列も植えます。1列ではうまくいくはずがありません。欠株があってもうまくいきません。
さらに、乾燥防止にマルチ掛けは欠かせません。

半日陰でもうまくいきます。これも、去年実証済み。

そこまでやっても、夕立のない暑い夏になってしまえば、不作を覚悟しなければなりません。


今日の収穫:卵3個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。






by kofu-yasaibatake | 2016-04-16 18:58 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2016年 04月 06日

春から夏にかけて作付計画がやっと決まる

f0189218_22134385.jpg
作付計画は重要です。
遅くも3月中に完成させる必要があります。今年はちょっと遅くなってしまいました。
気温が高いので、実際の作付と計画が、ほとんど同時進行でした。
連作しない方がいい作物、連作障害が出にくい作物を考慮します。そして、近年、道路の車の数が増えたので、道路際は、食べる部分が露出する野菜は避けるようになってきました。
去年から新たに、野菜畑の家からどう見えるかというポイントが加わって、さらに複雑になってきました。

青い線はお貸ししている部分です。5割に近いように見えます。


今日の収穫:卵3個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




by kofu-yasaibatake | 2016-04-06 22:25 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2016年 01月 04日

焼き芋は細いほうがおいしい

f0189218_16134231.jpg
夕方、焼き芋が焼きあがりました。

焼き芋屋の焼き芋はどれも太くて、ぱさぱさしています。
お茶がないとむせて食べられない。

野菜畑の焼き芋はしっとりしていて、甘さが強く、とくに細いのは、よくできたスイートポテトよりさらに甘い。しかも自然な甘さ。

焼き芋屋の焼き芋は、あの味で、1㎏1000円です。
野菜畑の細い焼き芋は、1㎏3000円の味がします。できそこないの芋も侮れません。



株は大きく下げて幕を開けました。良い材料が見当たらないようです。日銀が円安に誘導して釣り上げた株高には、やはり無理があるのか。


今日の収穫:人参、長ネギ、ブロッコリー、卵3個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


by kofu-yasaibatake | 2016-01-04 16:20 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2015年 12月 29日

大量の籾殻燻炭を作りました。

f0189218_18020148.jpg
今日は、いつもの2倍の量の籾殻燻炭を作りました。
1年分を確保。11時から16時まで焼き続け、日が暮れる寸前まで消火していました。

火災の危険があるので、午前中に焼き終えるようにしたいところ。
お昼を食べながらも10分おきにかき混ぜに外に出て忙しい。

籾殻燻炭があれば、育苗がしやすいし、冬季の野菜の保温にも大活躍。

2,3回作れば上手になれます。

煙突を替えました。今度はステンレス。トップはT字型になっていますが、雨の日はしないので、特に意味がありませんが、いただき物なので。


今日の収穫:長ネギ、卵4個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




by kofu-yasaibatake | 2015-12-29 18:09 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2015年 12月 27日

寒くなる前に玉葱マルチが飛ばされないように

f0189218_16310489.jpg
甲府盆地では、冬の間、北西の強い季節風が吹き荒れます。
「甲州名物、かかあ殿下と空っ風」といわれます。
畑では、空っ風で一番困るのは、玉葱マルチが飛ばされることです。特に風上側には十分な重しをして飛ばされないようにします。
飛ばされると後が大変。元の戻すのにひと苦労。
f0189218_16305311.jpg
春菊は、このところ暖かかったので、すでに花が咲きそう。もう食べられません。


今日の収穫:人参、長ネギ、ブロッコリー、卵3個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




by kofu-yasaibatake | 2015-12-27 16:39 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2015年 12月 20日

ブロッコリーの季節

f0189218_18423290.jpg
ブロッコリーは冬の野菜の代表格でしょう。
頂花蕾(ちょうからい)はこの時期にはすでに収穫してしまったのでありません。冬に次々と出てくるのは側花蕾(そくからい)です。
側花蕾は小さいものばかりになりますが、わずかな工夫で大きくすることができます。
頂花蕾の茎の部分も食べるので、バッサリ切ってしまいがちですが、少し残しておくとご覧のとおり。

欲をかいて全部切り取らないことです。

次の側花蕾は葉の付け根から出てきます。


今日の収穫:甘夏、卵3個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




by kofu-yasaibatake | 2015-12-20 18:59 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)
2015年 11月 26日

さやえんどうの冬越し

f0189218_21210618.jpg
11月にはさやえんどうを播き、春に備えます。さやえんどうはとても大事な野菜です。それは春一番に収穫になる野菜だからです。
このところ気温が高かったのでだいぶ育ってしまいました。
大きく育って冬を越すと寒さにやられます。小さすぎで冬を迎えると、収穫が遅くなります。

寒い風が当たる方向に風除けのため、大きな畝を立てます。この写真では右側に風除けを作ります。
f0189218_21205615.jpg
お昼は今日も豪華版。
この後カステラが焼きあがります。カステラは各自お持ち帰り。



明朝、初霜か。
例年より、すでに20日ぐらい遅い。狂ってる。


今日の収穫:人参、長ネギ、卵2個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。




by kofu-yasaibatake | 2015-11-26 21:45 | 有機菜園のミニ知識 | Comments(0)