甲府の野菜畑

kofuyasai.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 11日

このところの寒さに玉ねぎも悲惨な状態です。

f0189218_14395501.jpg
年末からの早朝の寒さは、一年で一番寒い時期を思わせます。例年だと一番寒いのは1月下旬から2月上旬です。まだまだ寒くなるのかもしれません。

玉ねぎはこの寒さに悲鳴を上げているようです。葉先はしおれて茶色に変色しています。

このあたりでは玉ねぎの定植は11月と決まっていますが、厳冬の年はいつも疑問に思っています。冬が厳しい地方は、3月に定植したほうが良いような気がします。3月定植で良い結果が得られたということを聞いたことがあります。

3月定植では、トウ立ちの心配もないそうです。
f0189218_14393840.jpg
日中は、14℃を超えたので、室内の陽の当たるところは35℃まで上がり、暑いくらい。
母が育てていた金のなる木と万年青(おもと)。鉢は祖父の代から使っているもの。


今日の収穫:白菜(鶏用)、卵1個
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。



by kofu-yasaibatake | 2019-01-11 14:54 | 畑の様子 | Comments(0)


<< いよいよ欅の株本の片づけに手を...      畑はすっかり乾燥してしまいました。 >>